ゲーム周辺機器

【Razer(レイザー) Viper Ultimate レビュー】超軽量!Razer最強の無線ゲーミングマウス

はい!どうも!

たんてぃとんです!

今回はRazerの無線マウスViper Ultimateを紹介します。

Razer Viper Ultimateとは

世界的ゲーミングデバイスメーカーRazerから2019年10月31日に発売された超軽量の無線ゲーミングマウスです。
2019年8月22日に発売されたRazer Viper(有線マウス)から数カ月後に無線化されたViperが出るとの発表は当時のゲーマーたちを震撼させました。
当時の無線マウス市場はLogicool (ロジクール)のG Pro Wirelessが1強であったが、Viper Ultimateが登場したことで
その牙城が崩れました。それくらい優秀な無線マウスです。

特徴

・最高感度は20,000 DPI
・バッテリー持続時間最長70時間 (ライティング不使用時)
・RAZER マウスドック(充電ドック)付属
・無線マウスの中ではダントツの 超軽量デザイン(74g)
・持ち手を選ばない左右対称のデザイン
・RAZER™ オプティカルマウススイッチを採用(応答時間0.2ミリ秒)

【パッケージ】

パッケージはこちらです!
一目でRazerとわかる定番パッケージです。

【付属品の内容】

  • マウス本体
  • ワイヤレスUSBドングル
  • 充電ケーブル
  • Razer充電ドック

【外観紹介】

デザインは左右対称にできていて、右利き、左利きどちらでもストレスなく操作できるデザインです。
マウスは手になじむ感じで、マウス側面のグリップとても持ちやすいです。
マウスの後ろの部分も少し低めにデザインされてますので、手が小さい方や女性でも操作しやすい設計はかなりプラスです。

クリック音はそこまでうるさくないですし、クリックした感触も自分好みで最高です。

【マウス側面】

上記でもお伝えしました、
ラバーグリップが両サイドについていてめちゃくちゃ掴みやすいです。
ゲームプレイ中は長時間遊んでいると手が蒸れてきて滑りやすくなりますが、
グリップがしっかりしているので滑ることはありません。

左右側面に2箇所ボタンがついていて専用のソフトウェアで好きなようにショートカットなども作成できます。
ですが、後方のボタンが押しずらいのが難点です。
押しづらいので、個人的にはあまり使ってません。

【マウス底面】

マウスの裏面には、四隅にマウスソールが貼られてます。
マウスソールの面積はほかのマウスに比べて狭い感じがしますが、
滑りやすくて操作しづらいなんてことはなくしっかりマウスコントロールできます。

【充電ドック】

※充電ドックは底が光ります。

この商品の魅力のひとつとして、充電ドックが付属されているところにもあります。
使わないときはマウスをセットしておけばいいので充電が楽ちんです。

マウスの充電が切れても問題なし!!!

付属のケーブルを使用すると有線で操作することもできます!
無線よりかは操作性が落ちますが、急にマウスの充電が切れても安心です。
有線で遊ぶとなるとケーブルが邪魔になりますので、マウスバンジーがあると便利です。

【総評】無線マウスを始めて購入するかたにおすすめ!!!

Razer Viper Ultimateは両サイドのラバーグリップがあることによりマウス本体も持ちやすいし、とても軽いから操作もしやすくてパフォーマンス最高のマウスです。値段は少し高めですが、購入する価値はあると思います。
ぼくみたいに手が小さい方でも安心してマウス操作できますし、無線マウスはケーブルが絡まったりしないしいいことしかありません。
充電ドックが付属しているのもプラスですね。
ぜひ自身で手に取ってお試しください。

-ゲーム周辺機器

© 2020 たんてぃとんのらいふ いず ぱーてぃー Powered by AFFINGER5