キャンプ キャンプギア

【SOTO(ソト)スライドガストーチ ST-480レビュー 】キャンパーの必需品!

・SOTO(ソト)スライドガストーチを購入しようか迷っている。
・SOTO(ソト)スライドガストーチの使用した感想が知りたい。

そのような悩みをお持ち方へSOTO(ソト)スライドガストーチ ST-480レビューしています。
写真付きで使用してみた感想やオススメな点を紹介してますのでよろしければご覧ください。

【SOTO(ソト)スライドガストーチとは】

新富士バーナー株式会社から発売されている火口が伸びる小型のガストーチです。
火炎温度は1,300℃の高温でランタンや石油ストーブ、焚き火の際の活躍する少し大きめで火口が伸びる便利なライターです。

【SOTO(ソト)スライドガストーチのスペック】

ポイント

本体サイズ:幅35×奥行18×高さ110~185mm
重量:55g
直径:直径14mm
炎温度:炎温度
炎サイズ:直径3×15mm
炎形状:極細集中炎
使用燃料:経済的なカセットガス、ライター用ガス
燃焼時間:約15分
連続使用時間:30秒以内

【SOTO(ソト)スライドガストーチの特徴】

ぼくが使ってみた感想などを書きに紹介していきます。

・コンパクトなのに炎温度1,300℃どかなり高温

火力が強く物凄く高温なので扱いには注意が必要です。フェザースティックや松ぼっくりなどにもすぐに火が付くので早く焚き火を楽しみ時には重宝してます。

・火口が自在に伸びる

火をつけるときに火傷の心配することがありますがSOTOスライドガストーチは火口が伸びるので気持ち的にも安心です。
焚き火の火付けにはもちろん石油ストーブやオイルランタンに火をつけるときにとても便利です。

・燃料はCB缶やライターガスを使用

燃料はCB缶やライターガスで補填することができます。
CB缶やライターガスは値段も安くコンビニなどでも売おり手軽に手に入るので家に忘れてしまった時でも購入できるのがいいです。


ガスの補充方法は上の写真のようにCB缶を逆さまにして補充します。
CB缶の向きが違うとガスが補充できないので注意が必要。

ガスが補充できているかはどうかはクリアの窓の部分から確認することができます。
※写真では分かりづらいですが簡単に確認できます。

・セーフティロック付き

着火ボタンはスライドすることでボタンを押せなくすることができるので子連れキャンパーさんにも安心です。

・寒さに弱い

冬キャンで使用しているときに多いのですが寒いと着火がしづらく時が多々あります。
使う前に暖かいところにおいておくと通常通り使えるのですが寒い中使おうとすると全然着火しないことがあるので注意が必要です。

・商品に当たり外れがある。

ぼくが購入したSOTOスライドガストーチは今のところはずれではないのですがAmazonやネットの評判では当たりはずれが多い見たいで、ガスを使い切り数回ガスを補填したらまったく火がつかなくなった、着火ボタンを離しても火が消えないなど不具合が出ているなどの情報もありました。
新しく火口キャップ付きのSOTOスライドガストーチが発売されているので不具合は解消されているかもしれませんが個体差があるかもしれません。

SOTO(ソト)スライドガストーチはとりあえず持っていて損はなし!むしろ役に立つことが多い!

SOTO(ソト)スライドガストーチについて色々紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。
ぼくは普段着火用に必ず持っていったりしますが火口が伸びるがめちゃくちゃ便利です。
チャークロスやマッチなどを持っているかたもいるかもしれませんがランタンや焚き火の火付けに対して楽をしたい場合はライターが必須です。さらに火力も強く火口が伸びるSOTO(ソト)スライドガストーチは普通のライターよりもかなり便利です。お値段は少したかいですが使い捨てではなくガスも安い燃料で補充できるのでコスパはめちゃくちゃいい方です。初心者キャンパーの方にはかなりオススメですよ!!!



-キャンプ, キャンプギア

© 2021 たんてぃとんのらいふ いず ぱーてぃー Powered by AFFINGER5