キャンプ キャンプギア

【ハクキンカイロレビュー】冬キャンの必須アイテム

・ハクキンカイロを購入しようか迷っている。
・ハクキンカイロの使用した感想が知りい。

そんな方のためにハクキンカイロをレビューします。
ハクキンカイロは冬キャンは勿論のこと日常生活でも使える便利なエコカイロです。

【ハクキンカイロとは】

大阪にあるハクキンカイロ株式会社が製造販売しているベンジンなどを燃料としているオイル式カイロです。
繰り返し使うことができ温かさが長持ちするなど冬キャンをメインにしている人々に愛されている商品です。キャンパーの方で愛用者が多く複数持っている方も沢山いらっしゃいます。

【ハクキンカイロのスペック】

ポイント

サイズ:68×101×15(mm)
付属品:オイル投入カップ、収納袋
定価:3,850円(税込)
保温時間:カップ1杯で12時間(2杯まで入れることができるので24時間持つ)

【ハクキンカイロの特徴】

ハクキンカイロを使うには火をつける道具が必要!!!

ハクキンカイロを使用する際の注意点としてはライターやマッチなど火をつける道具が必要なところです。使い方としては上記のハクキンカイロ本体の上の部分に布のような部分がありますがそこを火で軽くあぶることで本体が温かくなってきます。
布の部分は燃えたりはしませんが炙りすぎると燃えてしまう恐れがあるので注意が必要です。

カップ1杯の燃料で12時間温かい

ハクキンカイロは使い捨てカイロに比べてかなり温かさが長持ちします。
専用のカップ一杯の燃料を入れると最大で12時間ほど温かさが続きます。
最大カップ2杯分で24時間使用することができます。
半分でも6時間持つので筆者は良く半分の燃料だけで使用することが多いです。

燃料はベンジン以外にライターのオイルも使用できる

燃料はベンジン以外にもライターオイルを使用することができます。
筆者はZIppoのライターオイルをよく使用しています。

ベンジンとライターオイルの臭いがするので嫌いな人もいる

ハクキンカイロは使い捨てカイトと違い燃料の独特な臭いがします。
顔に近づけて使うわけではないので筆者は気になりませんが苦手な方はとことん苦手な臭いだと思います。ベンジンとライターオイルで臭いも異なるので自分が嫌な感じがしない燃料を選ぶことをオススメします。

シュラフ(寝袋)に入れると最高に温かい

基本は衣類のポケットに入れて使いますがシュラフ(寝袋)に入れておくとシュラフがかなりポカポカの状態になるのでかなりオススメです。

収納袋に入れないとかなり熱くなるので注意が必要

ハクキンカイロには付属品で収納袋がついてきますがこの袋がないと本体はかなりの熱量なので火傷を負ったりするかもしれませんので注意が必要です。

冬キャンや外に出かける事が多い方にはかなりオススメです。

冬キャンに使うのはもちろんですが通勤通学や外に出かける時など日常生活で使用できるのでデメリットとしてライターやマッチなどがないと使えないのと使い捨てカイトに比べ臭いがキツイと感じることもあるところですが温かくて長持ちでエコであるなどメリットの方が大きいので気になる方はぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

-キャンプ, キャンプギア

© 2021 たんてぃとんのらいふ いず ぱーてぃー Powered by AFFINGER5